Top
生グウィネス見ました。
先日の話ですが、こんな映画があるってことも知らなかったし知っててもたぶん行こうとは思わなかっただろうって程度の映画を見てきました。東京国際映画祭。理由はヒマだしタダだから。なんか彼氏の会社が金出してるらしく、招待券がもらえたのでちゃっかりついていっちゃいました。

ほんとはジュード・ロウが舞台挨拶に来るらしかったんだけど、家族だか親戚だかの問題で来れなくなったらしく。そもそも舞台挨拶つきってことすら知らなかったわたしなので、そんなことはどっちでもいいんですが、会場にいた人たちは結構大ブーイングでした。

でも、それでも製作やってるなんとかいう人と、監督のなんとかいう人と、グウィネス・パルトロウが来てました。パルトロウって女優としてそんなに好きとか意識したこと一度もないんですが、わたしが好きな映画に彼女が出てることってけっこうあるんです。

『スライディング・ドア』『ザ・ロイヤルテネンバウムズ』『ハードエイト』『愛しのローズマリー』
『エマ』も割りと好きだしな。あ、あと『シェイクスピア・イン・ラブ』も好きなんだ。
ていうかここに書いた『ミセス・パーカー/ジャズエイジの華』にも出てたなんて、知らなかった!

映画ですけど、…。

始まってそうそうぐっすり眠ってしまいまして。半分見たか見なかったかぐらいなんで、レビューは書かないことにしました。どうでもいいしね。ちなみにアンジェリーナ・ジョリーが出てるとこは全部寝てたらしく、どこに出てたのかさっぱりわかりません。ラストで見て「あ、この人出てたんだー」とかだったし。

それより生パルトロウですが、清楚でかわいかったです。ってこれだけかよ。

あと、わたしが座ってた席の前の席一列は製作の人の親戚一家の席だったらしく、舞台挨拶中にステージからこっち向いて手え振られたりして(わたしに振ってるわけじゃないのに)なんか得した気分。ていうかドレスアップしたゴージャスな女性や金髪が美しい綺麗な顔立ちの子供なんかを間近で見れて、ほんとうっとりしちゃった。

わたしが見た映画のオフィシャルサイト

舞台挨拶の画像を探したんですけど、舞台挨拶にはこなかったジュード・ロウはその後に開かれた来日記者会見には来たようで、その画像ばっかりなんだよね。

来日記者会見のようす
[PR]
by manamizw | 2004-11-01 23:25 | cinefil