Top
ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版
a0035483_21272431.jpgNUOVO CINEMA PARADISO
(1989年イタリア/フランス)
2004/11/11@早稲田松竹


というわけで観てきました。ニューシネ完全版。
「混んだら観ない」と決めていたので、「混むなよ混むなよ」と朝からはらはらしておりました(今週の早稲田松竹は割と観客の入りがよさそうだったので)。
この日の最終回も結構混んでましたが、席が全部埋まるほどではなく、一安心。


わたし家だと割と泣くんですが、映画館でほんとに泣いたことって
この長い人生で2回しかないんです。
結構うるうるするけどこぼれる前に我慢しちゃう、みたいな。
その2回目が昨日でした。3時間という長い間に6回くらい泣きどころが(わたし的に)あって、
もうその都度泣いてました。最後のほうとかはずっと泣きっぱでした。

映画もそうだけど、エンニオ・モリコーネ最高ですね。
彼のこれ以外のほかの音楽って、どの映画観ても全部同じにしか聞こえないんだけど
(映画見てて「あ~これ音楽絶対あの人だ!」と思い
エンドロール見るとやっぱりこの人だったりする)
これは本当によいですね。
もうあの音楽が流れてくるだけで、条件反射で泣いちゃいます。
もう何回も何回も繰り返し見てんのに、まだまだ泣いちゃいます。
トトがほっつき歩いてるだけのシーンなのに、この音楽がそこのシーンにかぶさると
いろんな見えてない感情や心象風景が見えてきちゃって、泣いちゃう。
すごい人だ。

完全版とオリジナル版(劇場公開版)について。
a0035483_21423672.jpgわたしは絶対オリジナル派です。
最初に観たのがオリジナルで、その時点ですでに大泣きしたからかもしれません。
大好きな映画のカットされたシーンまでもが見たいという気持ちはもちろんわたしにもあるんだけど、このニューシネの完全版に関しては、追加されたシーンによって映画自体が別なものになってしまった気がするのです。
特にあの車内シーン、最悪です。いりません。切ってください。


もちろんトトは30年過ぎて故郷に帰ったらやっぱりあの行動に出るでしょう。
わかります。でもわざわざ映像にしてあんな説明しなくてもさあ、わかんだよ。
いんだよ余計なことしなくって。

公開前に、早稲田松竹のオフィシャルサイトでやってた
「オリジナル版と完全版どっちが見たいか?」のアンケートには
そういうわけでオリジナル版で投票しました。
ていうかその結果を見ると、30票しか差がなかったんだよ!残念!

しかし男の人ってほんと後ろ向いて生きてるよね。
男脳がちなわたしも後ろ向いてますけどね)
再会あとの、トトとエレナの電話シーンなんか見ても、うんざりするくらい明らか。

でもその最悪な車内シーンでも泣いちゃったんですけどねー。
エレナが言ったせりふ
「でも名前を変えちゃいけないわ。本名じゃなくちゃ。サルヴァトーレ・デ・ヴィータ」
このサルヴァトーレ・デ・ヴィータのとこでだーーーーーっときちゃいました。
この文章だけ読んでると全く意味不明ですね。

その蛇足なシーンだらけの完全版を観て、そのあとで
「あぁここでは語られてないけどこの二人には実はこんなエピソードがあったんだよねえ」
みたいに行間を読みつつオリジナル版を観るのが、本当は一番好きだったりします。
でもわたしが持ってるビデオは完全版なんだよねえ…
レンタル屋行っても完全版しか最近じゃ見ないし、
オリジナル版ってもう出回ってないんでしょうか??

イタリア人ほど派手な反応ではないけど、この日の場内には
くすくす笑いやすすり泣きの声が溢れていて、観てる映画が映画だけに
ダブルでよい経験でした。やっぱり名画は映画館で!!
[PR]
by manamizw | 2004-11-12 21:53 | cinefil