Top
上海家族
a0035483_145042.jpg假装没感覚
SHANGHAI WOMEN(2002年中国)
2005/1/16@早稲田松竹



人に頼って楽しようなんて甘いのよセレクト☆1
<子供は親を選べないんですね編>



あらすじ(てきとう)

父の浮気発覚、母と一緒に家を出ておばあちゃんちへ。でもそこには居場所がなくて、母は再婚。そしたらその再婚相手がすげえケチ。水道代がとか電気代がとかその靴いくらしたとかうるさいうるさい。結局またおばあちゃんちへ。そしたら小姑うるさいし、やっぱり離婚取り消しちゃう?どうなるよ、これ?

ネタバレあります。

まぁあれですね、「あなたのために我慢している」ということの押し付けがましさと言ったら。
「誰かのため」とか言って行動することの偽善くささと言ったら。
そして「誰かのため」に自分を犠牲にしているんだという自負の、傲慢さと言ったら。

自分のために何かをするよりも、誰かのためだと思い込むことのほうが色々うまくやっていきやすいんですよ。自分が折り合いつけてやってるんだって言い聞かせてるほうがね。
でもそれって一番無責任じゃないですか?一番自分勝手です。人のせいにしすぎです。しかも自分じゃ気づいてない、最悪!頼んでもないのに「あなたのため」なんて言われてる身にもなってみやがれ。

誰かに頼ろうと思ってると周りにはろくなのしかいないんですよ。誰にも頼ることをやめたとき、物事は結構シンプルにうまくいくんだよっていう、そんな映画なんでしょうか。

オフィシャル?(eigafan.com)
[PR]
by manamizw | 2005-01-27 02:18 | cinefil