Top
"playboy & playgirl" pizzicato five
a0035483_19353180.jpgそうできなかったのは最近落ちてたから。
そのせいだったんだけど、やっとピチカートファイヴの、
音を楽しめるようになってきました。

この人たちって曲はキャッチーなんですが、歌詞の世界は暗くて重たい。それが魅力なんだけど、自分の状態によってはかなりの毒になる。自分が落ちているときは暗い歌詞しか耳に入って来なかった。やっと今日、曲調のポジティブさを聴き取れるようになりました。

こんなにも、毒にも薬にもなりうる音楽をわたしはほかに知りません。






たとえば

"rolls royce"のベースはこんなにもかっこよくて、
後半でうねるサックスも、
パーカッションも本当に本当にかっこいい。
でも改めてこんなことを思えるようになったのは今日。
昨日もその前の日も、ずっとかけっぱなしにしていたのに
そんなことには注意が向かなかったんだ。

冬の日の曇り空を見上げると死にたくなる。
本当に。
本当にそうなの。
でもね、今は
きみに今度会う日のために新しい歌をつくろうっていう気分だよ。

今は"the great invitations"の
もうすぐ死んでしまうってとこには気を取られない。
だってわたしはいつか死ぬけど
それも悪くないよ、って思うの。
いつか死ぬけどわたしは自分から死ぬことは選ばないしね。


それに
だって

「きみに出会えたぼくはあのときからずっときょうまで幸せだったから」。


そんなに悪くない よね。

わたしの「きみ」は誰だろう。
わたしの神様はまだヒントをくれない。


今日はほかのCDも買ってきた。
PE'ZとサンボマスターとFPMとtahiti80の新しいやつ。
でもまだうちでかけてるのはピチのままなの。

なんで?
[PR]
by manamizw | 2005-03-10 19:43 | music