Top
仕事と偏頭痛と。
最近、といってももうそんな最近でもないんだけど、
新しく入った人の仕事っぷりがすさまじくたるんでいる。
たるんでる、ていうかあまりにも堂々と「何もしていない」ので、
入ったばっかの環境ですごいなぁと思ってそのマイペースぶりを見ていたのですが、
ちょっといい機会があったので、「仕事しろよ」と言ってみました。
そしたら180度変わって働く子になっちゃいました。
意外とセンシティブな人だったのかなぁ、ちょっと言い過ぎたんだろうかと
ちょびっとだけ反省しましたが、まぁ結果オーライでいんじゃないかと。
心残りなのが、わたしもそんな偉そにできるほどのもんじゃないってところなんですが。

それとは関係ないけど、ここ一月くらい、偏頭痛に悩まされています。






ところでうちの上司はなんか変なチカラを持っているらしく、
人の肩こりや頭痛や冷え症や、とにかくそういう症状を、
何とかという変なパワーを使って言い当てることに喜びを見い出しています。

ついこないだも「風邪ひいてるでしょ」って話しかけられ、
わたしもわたしで「超健康ですよ」とか答えとけばいいものを
「あ~風邪じゃないけどここんとこずっと頭痛が酷いんです」と
素直に答えてしまいました。
そのとき「やっぱり?」と答えた彼女の嬉しそうな顔といったら。

そしてその結果25分間に渡り、彼女行きつけの「ヒーリング・サロン」というものに
勧誘されるという大変面倒な状況に追い込まれました。
適当に話あわせて会話を続けることが、困ったことに得意なもので、
こういう状況を自分から終わらせることができません。
見る人が見れば「うわこいつ全然聞いてない」とか一発で判るはずなんですが、
世の中には判らない人のほうが多く存在しているようで、
特にこういう面倒な状況をわたしに対して作ってくる側の人は
大抵全然気づかず、むしろわたしが楽しんで会話しているとまで思っちゃうらしくって、
まぁわたしの演技もなかなかハイレベルだからそのせいなんですが、
それ故自分で自分の首を絞めるかのように、面倒くさい状況を
さらにめんどくさく助長してしまいます。

全然接点のない人ならまだしも、仮にも上司…。
ほぼ毎日会うわけだし、そのサロンにいつ行くつもりなのかとか
毎日のように質問されたり、さらなる勧誘をされたり、
さらにそれを見越してシフトなんか組んでくれようとまでされたりすると、
さすがにぐったりしますね。

それにしても真偽はともかくとして、
彼女のなんとかパワーで感じたところによると、
わたしの頭痛は「相当大変なことになっている」らしいです。
でもわたしそのサロンなんかには行きたくないので絶対行きません。
いいんです、わたしはバファリンがあればいんです。
多用してるのでもはや効果が疑わしいんですが。
[PR]
by manamizw | 2005-03-20 04:21 | days