Top
悪い男
a0035483_2164818.jpgBAD GUY(2001年韓国)
2005/2/25@早稲田松竹


しっかし身も蓋もないタイトルだよなー。
『悪い男』って。
原題もバッドガイ。ガイ。「バッド」な「ガイ」…

つか悪いってなに?どういうの?


手に入れたいと思っても手を伸ばせる範囲に相手はいないので。
手に入れるにはまず手が届く範囲に行かなくちゃいけない、
でも自分がそこには行けないとしたら?
そりゃやっぱ相手を自分のとこまで引きずり下ろすしかないよねえ。
わっかりやすい!

以下、ネタばれあり。




で、この男(ヤクザと言われています)の場合。
目をつけた女(コンサバぽい女子大生)は、手に入りそうにありません。
なので自分の手の届く範囲まで落としてやることにしました。
それはつまり自分が取り仕切ってる売春宿(っていうの?)に娼婦として売り飛ばすってえこと!

でもそっから彼女に直接的に近づくかと思えば、なかなか近づかず。
マジックミラーごしに、その女が嫌々ながらやられちゃうとこをじっと見つめ続けてる、っていう。
屈折してると言えば屈折なんですが。

(このマジックミラーごしっていうのは、『パリ、テキサス』を思い出させました。パリテキはヴェンダースん中でいちばん大好き)

a0035483_232307.jpg男女間の愛とかいう、なにやら得体の知れないモノは、倒錯していればいるほど純粋かもって、思えてしまう単純なわたしです。つかどっかしら倒錯してるような判りやすさがないと信じられないんだよなぁ。見てる分には。そういう意味でいくと、これは「倒錯で純愛」っていうのの中に入るんでしょうか。ていうか倒錯ってなに?純愛てなんだ?純愛なんて言葉恥ずかしすぎますね。やっぱ却下。


冒頭のキスからして笑っちゃいました。
だってえらい食いついてるんだもん!
キスっていうか、ちゅうっていうか、そんなんじゃない、
なんか「獲物」っていうか「エサ」っていうか…
「好き」とかそういうんじゃなくて、
セックスになだれこむ類のキスでもなくて、
「喰らいつく」。そんなかんじ。

おもしろい(おかしい)とこはいっぱいあるんですが。
特にラストのほうはつっこみどころが多すぎて
いちいちつっこんでるとずっとしゃべってなくちゃなんない、楽し疲れる映画でした。
もちろん映画館で声出して喋ったりしませんけどね。

それにしてもあの凶器…。すごすぎ!

a0035483_2255745.jpgていうかそもそもこの女の子(←キレイ!)がいい味出してました。冒頭、あんなコンサバな格好(早い話ダサめというかなんつうか)しておきながらやってることは全然コンサバじゃないんですね。

本屋でいきなりほしいページ破って持ち帰ろうとするし。拾った財布はしっかり中身抜いてるし。かと思えば一部コンサバ。彼氏にはさせない、頑なに拒否(処女)だったとことか。

あのラストは賛否両論、ていうかわたしの周りではほぼ否の意見しか聞こえてきません。
でもさぁ、あの二人が二人で生きていこうとしたら、
ああやっていくしか他に道はないでしょう?
わたしはありだと思います。

映画、として、は。好きか嫌いかっつうと。うーん。微妙!
でも韓国映画には苦手意識が強かったんだけど、
この人の映画は観やすいなぁと思いました。
それに韓国映画のビジュアルに対する偏見を初めて破ってくれました。
キム・ギドク。この人の公開中の新作『サマリア』はすごくおもしろそう、観たい!
今度早稲田松竹でかかる『春夏秋冬そして春』も、テイストは違えど楽しみです。

悪い男オフィシャル
[PR]
by manamizw | 2005-03-30 02:42 | cinefil