Top
沖縄の記憶
うん、まぁ、そんなことよりも
沖縄の思い出を綴ろうかな。


★お墓とかサトウキビ畑とかススキ野とか
海とか空とかそんなのばっかりでした。
そしてそんなのばっかりなのが、楽しかった。

☆ススキの穂に朝日が反射して
文字通りキラキラと光を発していた。
地味な風景なのに、
あまりにも美しくて、息をのみました。
海よりも、空よりも、この瞬間が
一番印象に残りました。

ぼんやりしていると、ここが沖縄なんだという実感が
薄れてしまいそうだった私に
ここって沖縄なんだという
実感を引き戻してくれたものは
こういう何気なく視界に入る風景たちが多かった。




☆あちこちにいるシーサーを何度も何度も目にして
その都度「シーサー!」とはしゃいでいたら
帰る頃にはすっかりシーサーの虜になってしまいました。
あのしゃんとした背筋の伸び方を見ていると、
こっちまでしゃきっとしてしまいそうです。

☆早起きすると時間がすごく有効的に使えるんだという
解りきったことに、改めて驚きました。
1日が長く感じた。
島を5つ巡りました。

☆海が、視野(横)に納まりきらない。
180度どころか、270度ぐらいは広がっていた。
ひたすら見つめました。
強風にびゅんびゅん煽られて、雨が降ってこなければ
もっともっと立ち尽くしていたハズ。
「海中道路」って、ほんとにその名前の通りだった。

☆「沖縄ぽいもの以外は食べない」と決めていました。
そして実際沖縄ぽいものだけを口にしました。
飲み物もね。
泡盛いっぱい飲んだ。
それにしても泡盛と沖縄料理って
すっごい合うんだなぁと思った。
沖縄料理に目覚めてしまいました。
あ、あとスターフルーツ。うまかった★

☆開発されたショッピングセンターみたいなとこにも行ったけど
まったくつまらなかった。
トイレに行ってすぐに移動した。

☆首里城。畏怖という感情を抱きました。
特にあの豪華な椅子。

☆中城城。同じく畏怖。
職人さんか奴隷さんかは知りませんが
この石を1こ1こ積んでいったのか~と思うと
気が遠くなりました。
そしてそれが今の時代まで残っているなんて考えると
気が遠くなりました。
案の定、あーぁ私って小っさいなぁ、
私のやることも小っさいなぁ!と思って楽になった。

☆中城城跡の奥にあるホテルの廃墟に
心を奪われました。
『シャイニング』のホテルに『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』しにきたみたいな
気分になっちゃった。
(…て書いてて思ったけど、最近観た映画のこと
全然つけてないなぁここに)

うん、楽しかった。
冬っていう時期と早朝の行動のおかげで
比較的観光客少な目だったのがより良かった!

★ざんげ
おみやげに買ったさんぴん茶は
そうは見えないけどわずか200円でした。
ごめん。
[PR]
by manamizw | 2006-01-26 01:21 | days