Top
冬の夜の10時30分
私は話し下手なので
特に自分にとって大事(だいじ)だったり大事(おおごと)だったりするときは
すごくすごく話が下手くそになるので
その話題の糸口すら見つけられない。

何に対して警戒してるのか自分でもわからないけど、
でも四六時中消えない他人に対する警戒心とか

私の行動や思考を省みれば、どこにそんなものがと
自分でも思うんだけど、でも常に自分を縛る理性とかが

お酒を飲んで、酔っぱらうことで
少し弛むのを期待して
あーお酒飲みたいな、って思う。
正確には酒飲みたいってより酔っ払いたいってかんじなんだけど。





男でも女でも、
誰かと二人でいて、
長い時間一緒にいるとだんだん気持ちはほぐれてくる。
でも私はとてつもなくスロースターターなので
最初はすげえ警戒しまくってて

やっと本音が出始めるのは、
その場がお開きになるちょっと前、だったりすることが多い。

せっかく解けた警戒なのに、
一日とか一週間とか一ヶ月とか
時間が経ってしまうと
次その人と会うころには
またやっぱり警戒してしまう。
ああ。めんどくさい。自分。

しかも表向きはそれなりに誰とでも打ち解けられるから、
少なくともそこの面だけ見てれば
人間関係に関して何も問題がないわけで、
だから余計めんどくさい。

めんどくさいのはこういうことを
ぐちゃぐちゃ考えることだ。
警戒なんか解かなくてもいいのかもしれない。
誰とでも仲良くできてるならそれでいんじゃないの。
とも思う。
[PR]
by manamizw | 2006-01-30 20:30 | days