Top
シリアナ
a0035483_2237524.jpgSYRIANA
(2005年アメリカ)
2006/3/12@東急ミラノ


感想が書けない。
あろうことか熟睡してたから。

寝不足と酒と疲れでぐっすり眠ってしまいました。
7時の回で、気づいたら8時。
しまった、半分も寝ちゃった!
という、なんとも頭の悪い展開です。

意識が戻ったときには、起承転結でいうところの
「転」の真ん中ぐらいまでお話は進んでいました。

一応楽しみにしてた映画だったので
今日はもうこのまま寝倒して
また観に来っかなー、とか思い始めたものの、
ちょうどそのとき
とても緊迫感溢れる展開に突入してしまったので
急に目が冴えてしまった。

ほんと後半しか観てねー
異なるエピソードが、それぞれ絡まって
どんどん繋がっていく、という私の好きな展開ながら、
そこに行き着くまで果たして
誰がどうでどうなっていたか、が解らず、残念。

数日経ってオフィシャルサイトを見て話を知ったら
なんかすごく面白そうな映画だったことに今さら気づいてしまいました。

待てよ、ていうか、私もともと社会情勢にかなり疎い人なので
この手のがちがち社会派映画は
仮に全部起きていたとしても
果たして理解できていただろうか謎です。
(たぶんできなかっただろーなー)

a0035483_2251576.jpgとりあえず映画観た(こんなんで観たとは言えないが)記録を残しときます。
写真は監督・脚本のスティーヴン・ギャガン。

オフィシャル(日本語)
オフィシャル(英語)

「地球は陰謀でできている」よりも、
「EVERYTHING IS CONNECTED」のがそそられる。
[PR]
by manamizw | 2006-03-23 21:59 | cinefil