Top
くノ一忍法
2004/07/09
遊撃の美学 中島貞夫@新文芸座


二本立てのもう1本です。最初の1本、カジの「ジーンズブルース」が終わって休憩中、ふと気づいたら周りがほぼ男性客で埋まっていました。R指定とかPG12とかじゃなく、「成人映画」なのは知ってたけど、こんだけ映画館で女性が少ないのは初めての経験だったので、どうなのこれ?とちょっと不安になってしまいました。映画館で成人映画を見るという抵抗はまったくなかったけど、その環境にちょっとドキドキだったかも。

さて、どんだけエログロなのよ、と思っていたけど、意外とってかかなりソフトな描写とコメディタッチで、ぶっちゃけの感想は「変な映画~」。エロ忍法のシーンはその情景より後ろに流れる音楽が妖しさ満点☆男を惑わす天女の舞みたいなのも私的に大ヒット☆☆「忍法筒枯らし」(精液はおろか血液まで吸い取ってカラカラのミイラじいさんみたいにしてしまう)とか「やどかりの術」(おなかの胎児をほかの人のからだに移してしまう!)とか、名前忘れたけどなんか体からピンクのガスみたいなの出したりとか、いちいちおかしい。でも映画として続けてみてるとなかなか「おもしろい!」までいかないのです。おかしいの。やっぱ変な映画でした。

[PR]
by manamizw | 2004-07-12 18:14 | cinefil