Top
チャパクア
CHAPPAQUA(1966年アメリカ)a0035483_0563211.jpg
ドラッグとアルコール中毒から抜け出すためにサナトリウムに入った主人公が見る幻覚や夢を映像でつないだ映画。時間軸をばらばらにカットアップした構成とかモノクロに挿入されるカラーの映像、さらにシタールの音楽とか、洪水みたいに押し寄せる映像の波で、ほんとに幻覚か夢でも見てるみたいな気持ちになりました。でも嫌な感覚ではなくて、(こういう映画ってまるで「酔ってる」みたいなかんじになってうんざりしてしまいがちなんだけどこれは別)、むしろ面白かった。彷徨うコンラッド・ルークスが自己を探求しているようで非常に哲学的な印象を持ちました。ていうかそんなことより出てる人たちがすごすぎます。ウィリアム・バロウズ、アレン・ギンズバーグ、オーネット・コールマン!!beatnik万歳☆
[PR]
by manamizw | 2004-07-26 17:43 | 1960s